医療機関での文書保管

ある医療機関では電子カルテを導入したものの、思うように文書保管等の管理ができないといったことで専門の会社に任せているそうです。

病院での記録は個人情報でも管理に気を使う部類の一つです。

万が一でも外部にその情報が漏れてしまうというようなことは許されません。

また、最近はセカンドオピニオンなどの制度を利用する人も多くいるため、患者さん自身の医療記録を瞬時に他の病院に送るといった点においてもなかなか難しいこともあるようです。

専門の会社に委託したところ、自分の病院で管理しているような利便性であるとか文書一つ一つを患者さん単位で出し入れができるようにしてある点だとかが非常によかったとコメントしていました。

確かに病院のカルテは以前の病歴などを知るために何年も保管する必要がありますし、大きな病院になるとかなりの患者さんの数になることでしょう。

管理スキルを持った会社による管理なら厄介な文書保管の法的問題にも対応しているといいますから安心です。