文書情報管理士といった人たちがいます

時代の流れとともに紙文書保管といった考え方も変化してきました。

最近は文書をスキャンしてデータを作成するといった保存方法が認めらるようになったことで、こういった文書管理の会社の形態も少しずつ変わってきたという事もあります。

紙での保存は災害やテロが心配される昨今、限界があります。

しかし、事実を正確に記録し、保存していくという事も非常に重要でしょう。

そのために専門の会社には文書情報管理士といった資格を持った人がいることが当たり前になってきつつあります。

この資格は法律に沿って、電子保存が認められた文書を効率よく長期にわたって保管するためにいろいろなやり方を身につけるといったものです。

オフィスでの重要な文書や図面などをコンピュータで見る事が出来るようにスキャンしたり、マイクロフィルムに撮影するといった資格をもった人がいます。

彼らは文書保管のエキスパートとして公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の認定する資格試験において合格した人たちだそうです。