文書管理の在り方とは

これからの文書保管は紙文書での保管しか認めいなかった一昔前の法律の改正によって大きくかわりつつあるといえます。

とはいえ、今までの紙文書を全部電子化することは不可能ともいえます。

ですから、廃棄できるものは廃棄しつつ、紙から電子化へ必要な文書を整理し見極めていくといった作業が重要でしょう。

システムを導入してただ全部の文書保管を電子化すればいいといったことではなく、何をどれくらいの期間保管する必要があるのか、必要な時にすぐ取り出せる管理の仕方を構築しているとかといった数多くの問題をクリアしつつ、セキュリティといった一番大切な事を明確にしていくことが大事でしょう。

そして、紙文書が全くないといったことではなく、これは紙、これは電子文書といったきちんとした使い分けが文書保管の基本となるべきであるといえます。

専門の会社に委託するにも、自社で管理するにも、管理の仕方自体を勉強することも重要であるともいえます。